beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

F東京DF太田がフィテッセに完全移籍「年齢的にも最後のチャンス」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 FC東京は15日、DF太田宏介(28)がオランダのフィテッセに完全移籍することで合意に達したと発表した。

 麻布大附渕野辺高から06年に横浜FCに加入した太田は、09年に清水に移籍し、12年からF東京でプレーしていた。10年1月イエメン戦でデビューした日本代表では、ここまで7試合に出場している。

 クラブを通じて太田は「愛する東京を離れることは苦渋の決断でしたが、年齢的にも最後のチャンスと捉え、チャレンジすることに決めました。FC東京に関わるすべてのみなさま、“東京ファミリー”に出会えたことを誇りに思うのと同時に、言葉では表すことができないほどの感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。

 F東京は天皇杯でベスト8に残っており、26日に広島と対戦。元日に行われる決勝戦はホームスタジアムの味の素スタジアムで行われることもあり、「味の素スタジアムで優勝カップを掲げられるように、残りの期間も全力で頑張ります」と意気込みを示した。

以下、プロフィール
●DF太田宏介
(おおた・こうすけ)
■生年月日
1987年7月23日(28歳)
■出身地
東京都
■身長/体重
179cm/78kg
■サッカー歴
麻布大附渕野辺高-横浜FC-清水-F東京


●2016年Jリーグ移籍情報


TOP