beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

キム・ボギョン、G大阪との交渉は破談と報道 Kリーグ初挑戦?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 韓国代表MFキム・ボギョンガンバ大阪入りが破談に終わったという。韓国『日刊スポーツ』が報じた。

 2012年夏にJリーグからイングランドに渡ったものの、今年夏に松本山雅FCに加入していたキム・ボギョンは、J2降格を受けて同クラブを退団している。

 韓国メディアは先日、キム・ボギョンがG大阪移籍に向かっていると報じた。かつてセレッソ大阪でプレーし、大阪の地を知る同選手は、移籍に前向きとも伝えられていた。

 だが『日刊スポーツ』によると、交渉は破談に終わったとのこと。そのため、キム・ボギョンは別のクラブを探しており、ガンバのオファーが報じられる前から関心が噂されていたKリーグ王者全北現代に移籍するかもしれない。

●2016年Jリーグ移籍情報


TOP