beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[横山杯]逆転首位浮上狙った前橋育英に2-0快勝!習志野が決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.29 横山杯決勝第1グループ第3戦 前橋育英高 0-2 習志野高 HASAKI SOCCER VILLAGE A面]

 来年度の躍進を狙う強豪校の1、2年生たちが「サッカータウン波崎」で力を磨く「横山杯 第16回全国ユース招待サッカー大会」の1st(トップ)Divisionは29日午前、決勝リーグ最終戦を行い、決勝第1グループの前橋育英高(群馬)対習志野高(千葉)戦は2-0で習志野が勝った。

 1勝1分でグループ首位の習志野と逆転首位浮上を狙った前橋育英との戦い。ファイナルへ進出するためには勝つしか無い前橋育英が積極的にボールを動かして攻めるが、注目の1年生アタッカーMF金木壱成が「目の前の一戦に勝つことに集中していた」という習志野もカウンターからサイドのスペースを活用して攻め返し、クロスまで持ち込む回数を増やしていく。迎えた前半25分、習志野は右サイドのSB井上晃史郎がDFラインとGKとの間へラストパス。左サイドから中央へ回りながら、タイミングよく縦へ抜けだした金木が右足ダイレクトでゴールへ流し込んだ。

 後半、反撃する前橋育英は幅と深さのある攻撃でチャンスをつくる。だが6分にPA角へ切れ込んだMF長澤昂輝の折り返しはわずかに味方選手に合わず。また、最前線のFW人見大地に何度かボールが入るが寄せの速い習志野DFはいい形でシュートを打たせない。

 最後の局面を攻略できなかった前橋育英に対し、金木の突破力を活かしたサイド攻撃、カウンターから決定機をつくる習志野は後半30分、いい形でボールを奪い返してMF松木玲生がスルーパス。これを受けた左SB海田航佑主将が「切り返してぶちこんだ。自分は左サイドをガンガン上がってドリブルで起点作れればいい」と追加点を叩き込んだ。

 このリードをしっかりと守った習志野が2-0で快勝。グループ首位を守って八千代高とのファイナルへ進出した。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
横山杯 第16回全国ユース招待サッカー大会特設ページ
横山杯大会公式ページ


TOP