beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レスター対シティの上位対決はスコアレスドローに…レスターは2位で前半戦終える

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.29 プレミアリーグ第19節 レスター・シティ0-0マンチェスター・C]

 プレミアリーグは29日、第19節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでマンチェスター・シティと対戦し、0-0で引き分けた。首位レスターは、得失点差でアーセナルに首位を明け渡し、2位で2015年を終えた。なお、ベンチスタートとなった岡崎は4試合ぶりの出番なしに終わった。

 勝てば首位で2016年を迎えることができるチーム同士の対戦はシティが主導権を握る。前半18分、自陣右からMFヤヤ・トゥレがふわっとしたボールを相手の裏へ出し、MFラヒーム・スターリングが抜け出す。スターリングはPA右で切り返して後方へ落とし、勢いよく走り込んだMFケビン・デ・ブルイネが右足シュートもGKカスパー・シュマイケルに止められる。同27分にはDFバカリ・サニャの右クロスをスターリングが胸トラップから右足ボレーも再びGKシュマイケルに阻まれた。

 前日の試合でアーセナルが勝利したため、暫定2位でこの試合を迎えたレスターは前半40分、DFクリスティアン・フクスが左から上げたクロスにFWジェイミー・バーディがニアに飛び込むも合わず、ファーサイドのMFマーク・オルブライトンが滑り込みながら右足で合わせるもゴール右へ外れる。後半9分にはMFエンゴロ・カンテがドリブルで攻め上がり、バーディが作ったスペースへボールを運んで右足ミドル。強烈なシュートがゴール右隅をとらえたが、GKジョー・ハートの横っ飛びセーブに遭う。

 過密日程からお互いにフィニッシュで精度を欠き、両守護神の活躍もあってなかなかゴールネットを揺らすことができない。後半9分、シティはデ・ブルイネの右CKからDFニコラス・オタメンディが中央でヘッドで合わせるもGKシュマイケルが左手一本ではじき出す。同32分、レスターはPA右角あたりからのFKをMFリヤド・マハレズがずらしてフクスが強烈な右足シュートを打ち込むもGKハートの牙城を崩すことができず、試合はスコアレスに終わった。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2015-16特集


TOP