beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[横山杯]静かに今後へ闘志燃やす八千代DF佐山主将「次は習志野に勝って1つでも上へ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[12.29 横山杯ファイナルゲーム 習志野高1-0八千代高 若松運動場]

 ピッチで冷静に相手の攻撃に対応していたDF佐山徹主将は試合後も冷静だった。FKからの混戦を押し込まれ、それが決勝点となってしまったが、「いいところにボールが入ってきたが、ちゃんと前にクリアしていればなんてことなかった。もっといい状態でいい準備して1つ1つやっていけば失点はしなかった」と淡々と失点シーンを振り返った。

 決勝は千葉勢対決となった。八千代は今年、習志野高と全国高校総体千葉予選の準々決勝で対戦。0-0で突入したPK戦で2-4と敗れていた。佐山はこの試合を応援席から見守っていたという。「まず、自分が出ていないのが悔しくて、実際負けて、このままじゃまずいなと思って戦ってきた」。目の前でのチームメイトの敗戦から懸命に練習に励み、この日決勝という舞台で再び習志野高と相まみえた。

「絶対負けない気持ちで臨んだ」。佐山はチームメイトからもその雰囲気を感じていたというが、「最後の1本のところが甘い。寄せるところとか、フィニッシュの部分とか」と話すように1点が遠く、失点シーンでもあと一歩足が出るのが遅く、混戦から押し込まれてしまい、リベンジを果たすことができなかった。

「準優勝では全然満足できていないので、次に習志野と対戦するときは絶対に勝って、1つでも上に行けるように1つ1つ成長していきたい」と次を見据える佐山。チームは準優勝に終わったが今大会では持ち味の「切り替えの早さや球際での強さ」の部分で成長を感じているという。「自分たちは全体的に身長が高くない」と弱点を語るが、チームの持ち味をさらに強化して更なる高みへ登りつめていく。

(取材・文 清水祐一)
▼関連リンク
横山杯 第16回全国ユース招待サッカー大会特設ページ
横山杯大会公式ページ


TOP