beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]久々80分勝利に「何年ぶり?」青森山田が大社に劇的大逆転

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.31 全国高校選手権1回戦 青森山田高3-2大社高 ニッパツ]

 第94回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦を行い、ニッパツ三ツ沢球技場の第1試合では青森山田高(青森)が大社高(島根)に3-2の逆転勝利をおさめ、2大会ぶりに初戦を突破した。来年1月2日の2回戦では聖和学園高(宮城)と対戦する。

 序盤は中盤でのせめぎ合いが続き、互いになかなかシュートシーンをつくれない。青森山田は前半24分、湘南ベルマーレ入団内定のMF神谷優太(3年)が反転から左足ミドルを狙うが、ゴール上へ。同31分には右サイドからDF原山海里(3年)がロングスローを放り込み、MF嵯峨理久(2年)が直接頭で合わせたが、クロスバーを超えた。

 すると直後の前半32分、大社は右サイドをオーバーラップしたDF園山栄樹(3年)がゴール前にクロス。ファーサイドのFW桑垣誓広主将(3年)が頭で合わせると、DFに当たったこぼれ球を桑垣が角度のない位置から左足で流し込み、先制のゴールネットを揺らした。

 さらに前半37分、大社は中央からMF黒崎龍樹(3年)がノールックで絶妙なスルーパス。これに反応した桑垣が右足アウトサイドのワンタッチシュートでU-18日本代表GK廣末陸(2年)の股間を抜き、2-0とリードを広げた。青森山田も前半終了間際の同39分、原山のロングスローからこぼれ球をMF高橋壱晟(2年)が落とし、神谷が右足ダイレクトボレー。豪快にゴールネットに突き刺し、1-2と1点を返して前半を折り返した。

 1点ビハインドの後半6分、青森山田は嵯峨に代えてFW田中優勢(3年)を投入。神谷がインサイドハーフから3トップの左ウイングにポジションを移した。すると迎えた後半16分、中盤のセカンドボールを拾い、PA手前やや右から高橋が右足を一閃。弾丸ミドルでニアサイドを破り、2-2の同点に追いついた。

 逆転ゴールを目指して勢い付く青森山田が一気に大社を押し込む。後半23分、神谷が左45度の位置で自ら獲得した直接FKを狙うが、GK村田啓也(3年)がセーブ。同33分、MF豊島祐希(3年)に代えてMF吉田開(3年)、同34分にはFW鳴海彰人(2年)に代えてFW成田拳斗(3年)を投入した。後半36分、最後の交代枠を使ってMF住永翔(2年)を下げ、DF波塚勇平(3年)を前線に送り込む。最後まで勝ち越しゴールを狙って攻撃の姿勢を貫くと、後半アディショナルタイム2分に、その執念が実った。

 左サイドから原山がロングスロー。こぼれ球を成田が胸で落とし、ゴール前至近距離から高橋が左足で蹴り込んだ。劇的な決勝点で2点差をひっくり返す3-2の大逆転勝利。前回大会は1回戦敗退だった青森山田は2大会ぶりの初戦突破となったが、13年度大会の1勝、12年度大会の2勝はいずれもPK戦での勝利だったため、80分での勝利は11年度大会以来、4大会ぶりとなった。

「(80分以内の勝利は)久しぶり。何年ぶりだろう」と苦笑いした黒田剛監督は「三ツ沢でも勝ったことがなかった。これで一つジンクスが崩れた」と安堵の表情。2得点の高橋も「初戦ということもあって緊張して、前半は足にボールが付かなかった。次はリラックスして試合に臨みたい」と、年明けの2回戦を見据えた。

 一方、島根県予選決勝で全国総体4強の立正大淞南を延長戦の末、1-0で下し、4年ぶり9回目の全国選手権出場を果たした大社。88年度大会以来、27年ぶりの勝利を目指したが、2点リードを守り切れず、悔しい逆転負けを喫した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015


TOP