beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]桐光学園エース小川まさか…2度のPK失敗に「未熟だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.3 全国高校選手権3回戦 桐光学園高2-2(PK4-5)青森山田高 ニッパツ]

 崩れ落ちそうになるエースをチームメイトが必死に支えた。桐光学園高(神奈川)はU-18日本代表FW小川航基主将(3年=磐田内定)が2試合連続となる2ゴールを決めながら、後半19分にまさかのPK失敗。3-0と突き放すチャンスでゴール上に外してしまい、ハットトリックを逃すと、チームは2-0で迎えた後半アディショナルタイムに2失点を喫した。

 土壇場で2-2の同点に追いつかれた桐光学園。PK戦では4人目まで全員が成功したが、5人目のキッカーを務めた小川がGKに阻まれた。PK4-5。2度のPK失敗で3回戦敗退となったエースは「気持ちの部分がまだ未熟だったと思う」と言葉を絞り出した。

「後悔はいろいろすればできると思うけど、後悔しても仕方ないのかなと。それがサッカーなのかなと思う」。天国から地獄へ突き落された悲劇のヒーローは、そう言ってうなだれた。

「仲間と一緒に一つの目標に向かって戦ってきた過程は一番の宝物」。高校3年間をそう振り返った小川はプロ入り後の目標について「開幕から試合に出て監督や仲間に恩返ししたい。早い時期にJ1で得点王を取って、海外に行きたい」と語り、「必ず日本一のストライカーになります」と、悔しさをにじませた表情で決意を述べた。

 桐光学園の鈴木勝大監督は「PK一つを決めないことが世界への扉を閉めることもある。一つのゴールが人生を左右するのがプロの厳しさ。そこはもっともっと精度を上げてほしい」と、愛ある叱咤を送り、この経験が成長の糧になることを願った。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015


TOP