beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インテルがGKハンダノビッチと契約延長…指揮官は長友の契約延長も望む

このエントリーをはてなブックマークに追加
 インテルは5日、GKサミール・ハンダノビッチと2019年まで契約を延長したことを発表した。6日のエンポリ戦の前日会見に出席したロベルト・マンチーニ監督がDF長友佑都の契約延長にも言及している。

 インテルの守護神のハンダノビッチは、ウディネーゼから12年夏にインテルに加入。今季ここまでセリエA全試合に出場するなど、インテルで公式戦142試合に出場している。

 クラブ公式サイトによるとハンダノビッチは、「契約延長にいたって本当に満足している。双方が望んでいるとき、問題は発生しないものだ」と喜びを語っている。

 また、マンチーニ監督はハンダノビッチのように契約満了が近い選手にも言及。「(ロドリゴ・)パラシオと長友?彼らは素晴らしいプロ意識を持っている。私が決めていいなら、契約延長してもらうだろう」と契約延長を望んだ。

●欧州組完全ガイド
●セリエA2015-16特集


TOP