beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ペップついに沈黙破る…退任理由を「プレミア挑戦」と明言

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季限りでバイエルンの監督を退任することがすでに発表になっているジョゼップ・グアルディオラ監督が、5日に行った会見で「プレミアリーグへの挑戦」を語った。『メトロ』など欧州各国メディアが伝えている。

 退任理由についてついに口を開いた。ペップは「私がバイエルンとの契約を延長しない理由はいたってシンプルだ」とすると、「プレミアリーグで監督がしたいからだ」と堂々宣言。ただ、マンチェスター・シティが最有力とされる行き先については、「新しいクラブが決まったら、クラブ側からアナウンスがあるだろう。現時点では何も確定していないから私の口から言えることはない」と明言を避けた。

「バイエルンが私に信頼を寄せてくれていることについては、とても嬉しいし感謝している。しかし、私には新しいチャレンジが必要なんだ」

 バルセロナ、バイエルンと欧州ビッグクラブで成功を収めた名将が、来季はプレミアリーグで新たな勲章を目指す。

●ブンデスリーガ2015-16特集
●プレミアリーグ2015-16特集


TOP