beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[キャピタル・ワン杯]エバートンがホームでシティに先勝、決勝点のルカクは負傷交代も

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.6 キャピタル・ワン杯準決勝第1戦 エバートン2-1マンチェスター・C]

 キャピタル・ワン杯の準決勝第1戦が6日に行われ、エバートンはホームでマンチェスター・シティに2-1で先勝した。第2戦はシティのホームで27日に行われれる予定。

 試合は前半終了間際のアディショナルタイム1分にエバートンが先制に成功。CKからのこぼれをDFラミーロ・フネス・モリが押し込んだ。1-0とリードを奪い、前半を折り返す。

 追いつきたいシティは後半開始からDFマルティン・デミチェリス、同9分にはMFヘスス・ナバスを送る。すると後半31分、FWセルヒオ・アグエロの横パスから最後はJ・ナバスが決め、1-1に追いついた。途中出場のMFが仕事を果たす。

 それでも2分後の後半33分にエバートンが2度目の勝ち越し。MFガレス・バリーの左クロスから最後はFWロメル・ルカクが頭で決めた。このシーンでルカクが負傷交代したものの、逃げ切ったエバートンが2-1の先勝を飾っている。


●プレミアリーグ2015-16特集

TOP