beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]埼スタ経験者の星稜FW大倉「今年もまたできるのは嬉しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.5 全国高校選手権準々決勝 星稜高 3-0 明徳義塾高 駒沢]

 星稜高は埼スタ経験者のFWは大倉尚勲(3年)が貴重な追加点を奪った。1-0の前半40分、星稜はMF阿部雅志主将(3年)との連係からSB六田邦宏(3年)が左サイドをぬけ出すと、左足でクロス。完全にマークを外していた大倉が頭でニアサイドのゴールネットへ突き刺した。

 退場者を出した明徳義塾は何とか1点差のまま前半を終えたいところだったが、その願いを背番号12が打ち砕いた。「相手ひとり少なくなっていたので、1点取って前半で1-0で終わるか2-0で終わるか、点取れればチーム的にも楽になるというのがあった。(前線の選手で)『もう1点取ってチーム楽にしようぜ』ってしゃべって。やったなという気持ち」。このゴールで楽な展開となった星稜は後半にも1点を加えて3-0で快勝した。

 日本一に輝いた前回大会、登録メンバー入りしていた大倉は延長戦後半に投入された前橋育英高との決勝を含めて3試合で途中出場している。新チームになってからは先発から外れている時期もあったが、現在は「きつくなった時とかに勢いづくようなプレーをして頑張ろう」という思いをピッチで表現できるようになり、前線で奮闘し続けている。

 準決勝の東福岡高戦は埼玉スタジアムで開催。昨年、優勝の瞬間をピッチ上で味わっている大倉は「凄い観客の中でできたというのは凄いいい経験になりましたし、今年もまたできるのは嬉しいです」。今年は埼玉スタジアムでゴールを決めてまた日本一の歓喜を味わう。

[写真]前半40分、星稜はFW大倉が頭で決めて2-0

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ


TOP