beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シャルケ内田の復帰焦らず…指揮官「急いではならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 アメリカ・オーランドでキャンプを行っているシャルケのアンドレ・ブライテンライター監督が6日、DF内田篤人の状況についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。

 昨年6月上旬に右膝膝蓋腱の手術を受け、復帰を目指してリハビリを行っている内田は、昨年11月にボールを使ったトレーニングを再開していたが、今季の前半戦はすべて欠場。12月に帰国した際には「筋力的には戻っているし、炎症もいい感じ。あとちょっとです」と、実践復帰へ順調に回復していると話す一方で、「その『あとちょっと』が長いんだけど…」と慎重な姿勢を見せていた。

 その考えは指揮官も同じようで、キャンプに参加している内田について、「篤人がオーランドで全体練習の一部にでも合流できることを願っている。だが、篤人に関しては慎重に行く。急いではならない。このような長期離脱の後に焦ってしまうのは、非建設的だろう」と復帰を焦らせないことを明かした。

●ブンデスリーガ2015-16特集
●欧州組完全ガイド

TOP