beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1通算得点歴代4位のマルキーニョスが神戸を契約満了

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヴィッセル神戸は8日、FWマルキーニョス(39)と新シーズンの契約を更新しないことを発表した。

 マルキーニョスは、2014年に横浜FMから神戸に加入。15年シーズンはリーグ戦15試合に出場して3得点を挙げた。J1通算成績は333試合出場152得点。得点数はFW中山雅史(沼津)、FW佐藤寿人(広島)、FW大久保嘉人(川崎F)に続く歴代4位。1位の中山まであと5点に迫っていた。

 クラブを通じ、「神戸のスタッフ始め、選手そして、サポーターの皆さん2年間ありがとうございました」とあいさつ。「今季もヴィッセル神戸がより一層進化出来る事を願っています」とメッセージを残した。

 また神戸は、15年は仁川ユナイテッドに期限付き移籍していた元監督の和田昌裕氏の息子であるMF和田倫季(21)の契約満了を発表。クラブを通じ、「中学から9年間、ヴィッセル神戸でプレーできたことを心から感謝しています。この感謝の気持ちを忘れずに今後の人生に活かしていきたいと思います」とコメントした。

●2016年Jリーグ移籍情報


TOP