beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アデミウソン、G大阪移籍に不満?「いろいろなしがらみがあり…」「マリノスは私の心にあるクラブ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ガンバ大阪は8日、サンパウロからFWアデミウソンを期限付きで獲得した。G大阪からのコメントは後日発表されるというが、15年シーズンに在籍した横浜F・マリノスがコメントを伝えた。しかしその内容は、今回の移籍への不満とも取れるものになっている。

 ブラジル世代別代表のエースとして活躍するアデミウソンは、15年シーズン開幕直前に鳴り物入りで横浜FMに入団。リーグ戦は33試合に出場して8得点、ナビスコ杯、天皇杯も含めると、公式戦39試合で10得点を記録。抜群のテクニックを誇り、さすがのプレーを見せていた。

 アデミウソンは、「F・マリノスで過ごした期間、常に自分のことを支えてくれたクラブの仲間、職員、関係者そしてサポーターの皆さんにとても感謝しています。この一年間は自分が生きてきた中でも最も素晴らしい時間のひとつです」と感謝を語ると、次のように続けた。

「オフに入ってから個人的には日本に戻るときのチームはF・マリノスしかないと考えていました。F・マリノスが私が戻れるように最善を尽くしたことは知っていますが、いろいろなしがらみがありF・マリノスや私だけでどうにかできる問題ではなく、私もF・マリノスもどうしようもありませんでした。それでも私はこの素晴らしい一年をとても感謝しています。F・マリノスは私の心にあるクラブです。Arigato gozaimasu F・Marinos」

●2016年Jリーグ移籍情報


TOP