beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-18代表、浦和内定FW伊藤&中村が2戦連発も…ロシア遠征3戦終えて未勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ロシアで開催されている「第28回バレンティン・グラナトキン国際フットボールトーナメント」に参戦しているU-18日本代表は7日、第3戦でU-18リトアニア代表と対戦し、2-2で引き分けた。2連敗で迎えた一戦。初の勝ち点を獲得したが、初勝利はお預けとなった。第4戦は9日、U-18ベラルーシ代表と対戦する。

 第3戦は前半だけで2失点を喫する展開。しかし後半14分に投入された浦和レッズ内定のFW伊藤涼太郎(作陽高)が同40分に反撃の1点を決めると、同43分にはこちらも途中投入のFW中村駿太(柏U-18)が加点。ともに2試合連続ゴールを決めて、ドローに持ち込んだ。

 JFAによると同点弾を奪った中村は「引き分けてしまいとても悔しい。もっとチャンスがあっただけに決めきれなかったことは課題として残りました。残りの試合もチーム一丸となり勝利を目指していきたい」と次戦への意気込みを語った。

[先発]
GK:若原智哉
DF:梶山幹太、森岡陸(78分→伊藤洋輝)、冨安健洋、西本卓申
MF:宮崎幾笑(59分→伊藤涼太郎)、佐々木匠、齊藤未月、藤本寛也
FW:狩土名禅(59分→中村駿太)、吉平翼

[控え]
GK:大迫敬介
DF:長谷川巧、森下怜哉、田中陸


TOP