beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]夏の王者・東福岡が前回王者・星稜に勝利、17年ぶりの決勝へ「2冠を達成します」!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.9 全国高校選手権準決勝 星稜高 0-2 東福岡高 埼玉]

 第94回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が9日に埼玉スタジアムで行われ、第1試合では前回王者・星稜高(石川)と夏の総体を制した東福岡高(福岡)が激突。前半終了間際45分に先制した東福岡が後半にも1点を追加し、2-0で勝利した。東福岡は98年大会以来17年ぶり、福岡県勢としては2003年度の筑陽学園高以来となる決勝進出を果たした。敗れた星稜は3年連続の決勝進出はかなわず、2連覇の夢は散った。

 星稜高は4-4-2システムを採用。GK坂口璃久(3年)、DFラインは右からDF助田航平(3年)、DF岡田勇斗(2年)、DF東方智紀(3年)、DF六田邦宏(3年)。ダブルボランチをMF片山浩(2年)とMF大橋滉平(3年)が務め、2列目は右にMF根来悠太(3年)、左にMF阿部雅志(3年)。2トップをFW大倉尚勲(3年)とDF登録の加藤貴也(3年)が担った。

 対する東福岡高は4-1-4-1システムを採用し、足首を負傷していたMF藤川虎太朗(2年)が先発復帰した。GK脇野敦至(3年)、DFラインは右からDF林雄都(3年)、DF福地聡太(3年)、DF児玉慎太郎(2年)、DF小田逸稀(2年)。中盤アンカーにMF鍬先祐弥(2年)が入り、2列目は右からMF三宅海斗(3年)、MF中村健人(3年)、藤川、MF橋本和征(3年)。1トップをFW餅山大輝(3年)が務めた。

 立ち上がり7分間はシュートのない時間が続く。ファーストシュートは東福岡。PA右からゴール前へ入った三宅がドリブルで切れ込み、左足でシュートを打つもサイドネット。同10分には中盤で片山のパスミスをかっさらってのカウンター。最後は三宅がシュートを打つも枠を外れた。同14分には中村の蹴り込んだ右CKからファーサイドへ飛び込んだ小田が打点の高いヘディングシュートを打つも、クロスバー上へ外れた。中盤で奪ってはチャンスを迎えた東福岡だが最後の場面で精度を欠き、ゴールネットは揺らせない。中盤でのパスミスからカウンターでも遅れが目立った。

 対する星稜はシュートを打たずに時間が経過。ビルドアップでのミスが続き、ボールを前へ運べない。攻め込まれるシーンではDF陣がしっかりと身体を張って相手の攻撃を食い止めるものの、攻撃に転じきることができなかった。

 すると0-0で終えるかと思われた前半終了間際の45分に試合は動く。中央から攻め込んだ東福岡。中村のパスに反応し、左へ抜けた橋本がマイナスの折り返し。PA左で受けた藤川がワントラップで前進し、左足シュートを決めた。東福岡が1-0と先制に成功。星稜はシュート0本で前半45分を終えた。

 後半に入っても東福岡が攻め続ける。後半9分には、なんとか星稜がこの日初めてのシュートを打つも決めることはできない。大橋がPA手前まで持ち込み、後方から走ってきた六田がグラウンダーのミドル。これはGK脇野にキャッチされた。直後には東福岡に決定機。星稜の片山が自陣PA内でクリアミス。これが橋本に当たり、ゴールインかと思われたが寸でのところで枠を外れた。

 その後も押し込む東福岡は、後半13分に追加点。右サイドでキープした三宅から受けた鍬先がPA右のスペースへドリブルで侵入し、右足シュート。グラウンダー気味の一撃はGKの目前でバウンドし、ネットへ吸い込まれた。2-0と差を広げる。

 流れを変えたい星稜は後半16分に根来に代わり、FW窪田翔(2年)。同24分には片山に代え、MF敷田唯(1年)をピッチへ送る。敷田が前線へパスを送り、自らも積極的に仕掛けていくがシュートでは終われない。

 後半34分には東福岡が最初の交代。餅山に代わり、FW毎熊晟矢(3年)が送られた。立て続けにチャンスを迎えるが3点目は生まれず。後半41分には中央で奪ってのカウンター。ドリブルで持ち込んだ林が自らシュートを打つも、力なくGKに止められた。同42分には東福岡が三宅に代え、FW福田湧矢(1年)。同44分には先制点の藤川とMF高江麗央(2年)が交代した。

 その後はスコアは動かず、2-0で試合は終了。東福岡が17年ぶりの決勝へ駒を進めた。試合後、森重潤也監督は「嬉しいです。試合前にうちのサッカーをしっかり見せようと選手たちも話していましたし、それをピッチの中で表せたかと思う」とコメント。先制点の藤川は「前半の残り少ない時間帯で飛び出して仕事を果たせたことが良かった」と話し、追加点の鍬先は2日後の決勝を見据えて「2冠を達成します」と笑顔で誓った。

(取材・文 片岡涼)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ


TOP