beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スアレスが暴言…コパ・デル・レイで2試合の出場停止処分に

このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペインサッカー連盟(RFEF)は8日、バルセロナのFWルイス・スアレスにコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)2試合の出場停止処分を科すことを発表した。

 バルセロナは6日に行われたコパ・デル・レイ5回戦第1戦でエスパニョールに4-1で勝利したが、度重なるラフプレーやエスパニョールに2人の退場者が出るなど、荒れた展開となっていた。試合終了後にはロッカールームに戻る際のトンネル内でスアレスが相手選手に暴言を吐いたという。

 この試合を担当した主審の報告書にはスアレスが複数の選手に向かって「待ってるからここへ来い!お前たちはクズだ!」と発言したと記されていた。この報告書を受け、RFEFは暴言を吐いたスアレスに対して、2試合の出場停止処分を科すことを決定した。なお、バルセロナは今回の処分を不服として上訴する意向であることを表明している。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集


TOP