beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンU、“日本のメッシ”を諦めず?武藤獲得に20億円を用意か

このエントリーをはてなブックマークに追加
 得点力不足に悩むマンチェスター・ユナイテッドマインツのFW武藤嘉紀獲得に近づいているようだ。英紙『ミラー』が報じている。

 昨年末、ユナイテッドが武藤を今冬の獲得候補としてリストアップし、移籍金1000万ポンド(約18億円)を準備していると報じられたが、マインツは獲得の打診はなく、手放さない方針を示していた。しかし、同紙によると、ユナイテッドは1200万ポンド(約20億円)に増額してマインツと交渉しているようだ。

 武藤は今季、FC東京からマインツへ移籍。第3節ハノーファー戦で移籍後初ゴールを含む2得点を挙げると、その後も攻撃陣の主軸として前線に君臨。第17節終了時点で全試合に出場し、7ゴール2アシストと結果を残している。“日本のメッシ”はユナイテッドでプレーする2人目の日本人選手となるのだろうか。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2015-16特集
●プレミアリーグ2015-16特集

TOP