beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ゼビオFリーグ]名古屋がFP森岡薫の今季限りの退団を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fリーグの名古屋オーシャンズは11日、クラブの公式HPでフットサル日本代表FP森岡薫(36)と来季の契約を更新しないことを発表した。

 クラブは「名古屋オーシャンズのチーム創設メンバーとして、数々のタイトル獲得に大きく貢献してくれました。シーズン途中での発表となりますが、今シーズン最後の大会となる全日本フットサル選手権タイトル獲得へ向けて、引き続き森岡薫選手へ多くのご声援をお願いいたします』と、声明を発表している。

 森岡は名古屋の前身である大洋薬品/BANFF時代から所属し、2007年に開幕したFリーグで初代MVPに選出。その後も11-12シーズンから3季連続MVP、4季連続得点王に輝くなど、個人タイトルのほとんどを獲得し、チームの9冠に大きく貢献した。9日に終了したばかりのFリーグ2015-16でもベスト5に選出されている。

 3月に開催される全日本選手権が、森岡にとって名古屋の一員としてプレーする最後の機会になる。

 2016年2月には9月にコロンビアで開催されるフットサルW杯予選を兼ねたアジア選手権もあり、日本代表でも重要な存在である森岡だが、来季の所属先が決まらなければ、現役引退となる可能性も出てきた。10年目を迎える来季のFリーグを前に、リーグ最大のスタープレーヤーが、キャリアのターニングポイントを迎えている。


TOP