beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋が懸案の右SB補強に成功、湘南から古林を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

 名古屋グランパスは11日、湘南ベルマーレからMF古林将太(24)を完全移籍で獲得したと発表した。古林はSBから攻撃的な位置までこなすことができる、右サイドのスペシャリスト。名古屋はFW矢野貴章が右SBを務めるなど、手薄となっていたポジションの補強に成功した。

 湘南の下部組織出身。2011年にザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)への期限付き移籍は経験したが、完全移籍は初となる。湘南を通じ、「ベルマーレのスクールに入ってから、人生の半分以上ベルマーレに関わらせていただきました。ベルマーレに入ってから色々な人に出会い、色々なことを経験させていただきました」と感謝を語ると、名古屋を通じては、「これまで学んできた自分の全てを出し、チームのために貢献できるように全力を尽くします」と活躍を誓った。

●2016年Jリーグ移籍情報


TOP