beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]トリックFKに脱帽…國學院久我山GK平田「ボールを完全に隠された」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.11 全国高校選手権決勝 東福岡高5-0國學院久我山高 埼玉]

 ボールの出どころがまったく見えなかった。後半2分に東福岡高(福岡)のMF中村健人(3年)が決めたトリックFK。國學院久我山高(東京)のGK平田周(1年)は「ボールが見えなくなって、完全に隠された。蹴られたとき、少し焦ってしまった」と、完全にお手上げだった。

 正面やや右の位置でのFK。中村がボールをセットし、壁とボールの間に東福岡の選手3人が肩を組んで並んだ。中村が助走に入ると同時に、ゴールに背を向けたまま一歩ずつ後進。4歩下がったところでしゃがみ込むと、中村のキックは低い弾道で壁を越え、ゴール左隅に突き刺さった。

「相手の動きはあまり気にしないようにしたけど……」。ボールに集中しようとした平田だが、ボールが見えなければどうしようもなかった。ボールが壁を越えて見たところで反応し、必死にジャンプしたが、伸ばした両手のはるか先だった。

 東福岡のトリックFKに脱帽する平田だが、「そこだけ考えても仕方がない」と、このプレーが敗因になったわけではないと力説した。「試合をやっていても正直、今までの相手よりもう一つ強いというか、そういうのを感じた」と、試合全体を通じて東福岡が上回っていたとの見方を示した。

「自分たちにもやれるところはあった。でも、自分自身に負けた。相手に対して後手になってしまった。そこが敗因だと思う」。初めての決勝。そのプレッシャーもあったのかもしれない。平田はまだ1年生。先輩たちの無念を晴らすためにも、この日の5失点を無駄にするわけにはいかない。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015


TOP