beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-23代表DF植田が“狙い通り”の一撃「全員のゴール」「みんなで喜びたかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.13 リオ五輪アジア最終予選GL第1節 U-23日本 1-0 U-23北朝鮮 グランド・ハマド・スタジアム]

 U-23日本代表がリオデジャネイロ五輪出場へ向けて白星スタートを切った。日本は前半5分にCKのチャンスを得ると、DF山中亮輔(柏)が蹴り出したボールがファーサイドでフリーになったDF植田直通(鹿島)が右足で合わせ、1-0。虎の子の1点を守り抜いた。

 決勝点を挙げた植田は「初戦で堅い試合になるとわかっていた。セットプレー一本狙っていた。それで取れてよかった」とホッとした様子。得点後にはベンチへ一直線に駆け寄ったが、「全員で乗り越えて行こうとチームで言っていた。全員のゴールだと思う。それをみんなで喜びたかった」と理由を説明した。

 日本は開始早々に先制したが、その後は得点が生まれず、逆に北朝鮮にゴールを脅かされる場面もあった。植田は「勝てたことがかなり大きいこと」としながらも、「改善する部分がたくさんある。この後、中2日で改善していきたい」と次へ切り替えた。

 初戦の勝利にも笑顔を見せなかった植田。中2日で迎えるタイ戦でも攻守でチームに貢献し、リオデジャネイロ五輪出場へ向けてまずはグループリーグ突破をチーム全員で目指していく。

●AFC U-23選手権2016特集


TOP