beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

徳島DFソンと契約更新、26歳の前迫氏が分析担当コーチに就任

このエントリーをはてなブックマークに追加
 徳島ヴォルティスは14日、DFソン・セファンと2016シーズンの契約を更新したと発表した。ソンは2015シーズンのJ2で出場がなかった。

 またクラブは同日、前迫雅人氏がトップチームの分析担当コーチに就任すると発表。クラブを通じて前迫氏は「はじめまして、徳島ヴォルティスの分析担当コーチを務めさせていただく、前迫雅人です。大学・大学院時代には、サッカー部でコーチとして現場の経験を積みながら、日本サッカー協会の指導者講習会等でインストラクターの方々と共に活動し分析の技術を身につけてきました。このたび徳島ヴォルティスのトップチームで仕事をさせていただけることを大変光栄に思います。それと同時に大きな責任も感じています。自分の力の全てを徳島ヴォルティスの勝利、J1昇格のために捧げる覚悟で取り組みますので、よろしくお願いします」と挨拶した。

プロフィールは以下のとおり

●前迫雅人
(まえさこ・まさと)
■生年月日
1989年11月23日(26歳)
■出身地
静岡県
■学歴
静岡県立韮山高―立教大―立教大大学院
■主な経歴
立教大コーチ―大宮サッカースクール(アシスタント)ー名古屋サッカースクールコーチ
■主な資格
JFA公認C級コーチ


●2016年Jリーグ移籍情報


TOP