beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

12年ヤングなでしこ主将MF藤田のぞみが23歳で引退決断…14年にオーバートレーニング症候群発症

このエントリーをはてなブックマークに追加
 浦和レッズレディースは16日、MF藤田のぞみ(23)が現役を引退すると発表した。

 藤田は日ノ本学園高から2010年に浦和Lに入団。2010年と12年のFIFA U-20女子W杯に出場。日本開催の12年大会では主将として銅メダル獲得に貢献した。

 しかし発表によると、14年シーズンのスタート時に体調不良を訴え、7月ごろにオーバートレーニング症候群と診断された。15年シーズンのスタートに合わせてリハビリを重ねたが、15年5月ごろから再び悪化。ピッチに戻ることが出来なくなった。浦和では公式戦通算75試合に出場して5得点。

 クラブ公式サイトでは長文コメントを掲載し、23歳の決断を綴っている。

以下、コメント全文
「2015シーズンをもちまして引退することを決めました。一昨年、昨年と長期にわたってチームから離れる期間があり、そのことについてみなさまにご報告する機会が遅れてしまったこと、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまったことをおわび申し上げます。

 2014シーズンのスタート時から体調不良が続いて、徐々にその状態が悪化し、7月ごろにオーバートレーニング症候群の診断を受け、しばらく休養させていただいていました。2015シーズンのスタートに合わせ、チーム関係者のサポートをいただきながら調整をし、仲間とともに2015シーズンのスタートを切ることができました。

 トレーニング、試合をこなしながら回復していましたが、5月ごろからふたたび悪化してしまい、長期離脱をすることになってしまいました。厳しいシーズンだったにもかかわらず、チームの力になれなかったこと、また応援してくださる方々の期待に応えることができず、大変申し訳なく思っています。

 レッズレディースの一員としてなでしこリーグで戦う以上、シーズンを通して日ごろのトレーニングも含め、全力で日々過ごさなければならないと思っています。私はこの2シーズン、やりきることができず、力になれませんでした。そして、現在の回復状況も含め、引退を決断しました。

 2010年から6年間レッズレディースでたくさんの尊敬する先輩や最高のチームメートとプレーできたこと、熱く温かいファン・サポーターのみなさんの応援の中でプレーできたことはとても貴重な経験でした。また監督をはじめ、チームスタッフ、クラブ関係者、そしてパートナー企業のみなさま、手厚いサポートで支えてくださり、感謝しております。今までのサッカー人生で出会ったすべての方々、本当にありがとうございました。

 決して格好の良い終わり方ではないですが、小さいころからあこがれていたこのチームでプレーできて幸せでした。これからは一人のサポーターとして浦和レッズレディースを応援していきます」

●なでしこリーグ2016特設ページ


TOP