beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

両クラブ守護神が活躍…アーセナルとストークの一戦は0-0の痛み分け

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.17 プレミアリーグ第22節 ストーク0-0アーセナル]

 プレミアリーグは17日、第22節の2試合を行った。アーセナルは敵地でストーク・シティと対戦し、0-0で引き分けた。アーセナルは得失点差で首位をキープしたが、2位レスター・シティと勝ち点差で並び、3位マンチェスター・シティと1差と上位争いは混戦が続いている。

 MFメスト・エジルが欠場のアーセナルは前半21分、FWジョエル・キャンベルのスルーパスでPA右へ抜け出したFWオリビエ・ジルが左足を振り抜くも、飛び出したGKジャック・バトランドに防がれる。同29分には、FWセオ・ウォルコットのリターンをMFアレックス・オクスレード・チェンバレンがペナルティーアーク左から右足シュートを放ったが、これもバトランドの好守に阻まれた。

 後半に入るとストークが攻勢を強める。同11分、MFシェルダン・シャキリのスルーパスからFWホセルが放ったシュートはGKペトル・チェフのセーブに遭い、こぼれ球に詰めたFWボージャン・クルキッチがPA左から押し込もうとしたが、チェフがシュートコースに体を投げ出してシュートを止めた。

 ストークは後半45分にも右CKの流れからホセルが放った右足シュートが混戦の隙間を抜けて枠に飛んだが、チェフが左足を伸ばして弾き出す。試合は両クラブ、守護神の活躍もあって0-0の引き分けに終わった。


●プレミアリーグ2015-16特集

TOP