beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨季まで栃木所属の32歳DF中野が現役引退

このエントリーをはてなブックマークに追加
 栃木SCは18日、2013シーズンから2015シーズンまで所属していたDF中野洋司が現役を引退することが決まったと発表した。昨季のJ2で中野は12試合に出場していた。

 クラブを通じて、32歳のDFは「昨季で引退することに決めました。今までお世話になった、アルビレックス新潟、横浜FC、栃木SCの関係者の方々、そして、サポーターのおかげで、10年間頑張ることができました。本当にありがとうございました」と感謝のコメント。

「これからのアルビレックス新潟、横浜FC、栃木SC、そしてJリーグの発展を心より願っています。そして、健康な身体に育ててくれたお父さん、お母さん、ありがとうございました。 Keep on fighting TOCHIGI!」と古巣へエールを送った。

プロフィールは以下のとおり

中野洋司
(NAKANO Hiroshi)
■生年月日
1983年10月23日(32歳)
■出身地
佐賀県
■ポジション
DF
■身長/体重
174cm/69kg
■利き足

■経歴
佐賀北高―筑波大―新潟―横浜FC―栃木


●2016年Jリーグ移籍情報


TOP