beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

22歳の誕生日はカタールで…U-23代表MF矢島「良い一年にしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 22歳になった。グループリーグ第3戦サウジアラビア戦前日の1月18日はU-23日本代表MF矢島慎也(岡山)の誕生日。大会期間中に一つ年を重ねた男は、最高の1年にしたいと力強く宣言した。

 2年前にも手倉森ジャパンの活動期間中、カタールで行われたAFC U-22選手権開催中に誕生日を迎えた矢島は、「結構、海外で誕生日を迎えることが多いですね」と笑い、「チームメイトからは個人個人に祝ってもらえましたね」と仲間から祝福を受けたことを明かした。

 21歳の昨季は浦和から期限付き移籍した岡山でレギュラーを獲得し、プロになって以降、初めてシーズンを通してピッチに立ち続けた。37試合8得点と結果を残し、新シーズンからは背番号10を託される。

「去年は試合に出続けて、ボランチというやりたかったポジションで試合に出ることができて、自分にとって良い一年になりました」と振り返ると、「今年はまず、この大会で良い終わり方をして、良い一年にしたいと思っています」とリオ五輪への切符を獲得して、1年のスタートを最高の形で切ろうとしている。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集


TOP