beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本人はセリエA復帰希望も…ラベッシはマンU移籍か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 マンチェスター・ユナイテッドが、パリSGのアルゼンチン代表FWエゼキエル・ラベッシの獲得に乗り出していることが分かった。英『トライバル・フットボール』が報じている。

 報道によると、マンU関係者が先週金曜日(15日)にパリを極秘裏に訪問していたことが判明。1月の移籍に向け、交渉を行ったとしている。パリSG側もラベッシとの契約が6月で切れることから、交渉に前向きな姿勢を見せており、移籍金は800万ユーロ(約10億円)程度になるという。

 しかしラベッシ本人はセリエAへの復帰を望んでおり、ユナイテッドへの移籍を拒否する可能性があるという。イタリアメディアの報道では、インテルが獲得を目指していると伝えられている。


●セリエA2015-16特集


TOP