beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

女子サッカーの試合中に審判が選手をナンパ…断られて逆上?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペイン女子サッカーの公式戦で審判が選手を“ナンパ”するという事態が起きた。スペイン『エル・ムンド』、同『マルカ』や英『メトロ』、同『ミラー』など複数メディアが伝えている。

 今月17日に行われた公式戦でスポルティング・デ・ウエルバはサンタ・テレサと対戦し、2-3で敗れた。この試合でウエルバの元ルーマニア代表DFエレナ・パベル(31)は、サンティアゴ・アルコン審判から“ナンパ”された上に、それを断ると不利な笛を吹かれたという。

 パベルによると、試合中にアルコン審判は「そこの茶髪の娘、このあとコーヒーでも飲みに行こうよ」と声をかけてきた。試合中のまさかの事態にパベルは「それより笛に集中して」と一蹴した。

 すると、試合はおかしな展開に。ウエルバの2選手が退場処分になったうえ、PK獲得と思われたプレーも“無視”されたのだ。2人を欠いて数的不利に陥ったウエルバは、2-3で敗れた。

 試合後、地元局のテレビ番組に出演したパベルは「サッカーやフェアプレーというものが信じられなくなったわ」と言い、「無力感を感じたし、恥ずかしくなった。何年もサッカーをプレーしているけど、こんなに恥ずかしくなったのはこれまで一度もなかった」とアルコン氏を批判した。


TOP