beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マスチェラーノに懲役1年も禁錮刑は回避へ…「私はプロのアスリート。税の知識を持っていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペイン・バルセロナの裁判所は21日、バルセロナのMFハビエル・マスチェラーノに対し、懲役1年の判決を言い渡した。81万6000ユーロ(約1億円)の罰金処分も科せられている。ただ、スペインでは通常、初犯で懲役2年以下であれば執行猶予が付くとされており、禁錮刑は回避される見込みだ。

 マスチェラーノはポルトガルとアメリカにある自身の会社で自らの肖像権を管理し、11年から3年間で150万ユーロ以上の申告漏れがあったとされていた。マスチェラーノは昨年9月に追徴加算税を納めていた。

 ツイッターを更新したマスチェラーノは、「本日、スペインでの税金の問題に関しての問題が解決した。私はプロのアスリートで税に関しては多くの知識を持っていない。これからは専門家の意見に耳を傾けることが必要になる」とメッセージを発信した。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

TOP