beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

F・トーレスも中国へ?代理人「世界最高金額の給与のオファー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国マネーの威力がここでも発揮されることなるのだろうか。『サン』によると、アトレティコ・マドリーでプレーするFWフェルナンド・トーレスの代理人が現在、8つのクラブからオファーが届いていると認め、そのうちの一つは中国のクラブだと話したとと伝えている。

 また、仰天の金額も提示されている模様。「彼は世界で最高金額となる給与を出してくれるところからもオファーをもらっている。どうなるかはクラブの決定次第だ」と続け、現在、ミランからのレンタル移籍の立場にあるトーレスの将来が近々明らかになると話している。

 ただこの発言は、クラブへのけん制の意味も込められているとみられている。トーレスは今季、リーグ戦16試合に出場しているものの、半数以上の9試合が途中出場。ディエゴ・シメオネ監督の信頼を勝ち得ていない。

 代理人は「私の感触だと、解決するべき問題はどちらかというとシメオネとトーレスの間に横たわっている。クラブチーフとテクニカルディレクターの間にじゃなくてね。シメオネはトーレスにはっきりとこういうべきだ。『君のことは信頼している』あるいは『君のことは信頼していない』とね」と“警告”している。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集


TOP