beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

五輪に王手!! 延長で爆発のU-23代表、豊川弾に中島2発で“鬼門”ベスト8突破

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.22 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選準々決勝 U-23日本 3-0(延長) U-23イラン アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 U-23日本代表は22日、リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)準々決勝でU-23イランと対戦した。前後半90分間をスコアレスのまま終えた試合は、延長前半6分にMF豊川雄太(岡山)のゴールで日本が先制すると、延長後半3分と5分にMF中島翔哉(F東京)が立て続けに加点。3-0の完封勝利を収めて、ベスト8突破を決めた。日本は26日にUAE対イラクの勝者と、勝てばリオ五輪出場権獲得となる準決勝で対戦する。

 第3節のサウジアラビア戦から先発8人を入れ替えた日本はシステムは4-4-2を採用し、GKは櫛引政敏(鹿島)、最終ラインは右からDF室屋成(明治大)、DF岩波拓也(神戸)、DF植田直通(鹿島)、DF亀川諒史(福岡)を配置。ボランチにMF遠藤航(浦和)とMF原川力(川崎F)、右サイドハーフにMF矢島慎也(岡山)、左サイドハーフに中島、2トップにFW久保裕也(ヤングボーイズ)とFWオナイウ阿道(千葉)を並べた。[スタメン&布陣はコチラ]

 14年1月のAFC U-22選手権でイラク(●0-1)、同年9月のアジア大会で韓国(●0-1)で敗れ準々決勝敗退を味わっている手倉森ジャパンにおいて、ベスト8は“鬼門”となっている。何としてでも、その“鬼門”突破を狙う日本だったが、いきなり危機を迎える。前半2分、後方から送られたボールを植田がFWアルサラン・モタハリに競り負けると、カバーに入った岩波もかわされる。モタハリに独走を許したものの、ミドルレンジから放たれたシュートを櫛引が弾き出して難を逃れた。

 イランにボールを回される時間が続く中でも体を張った守備でしのぐ日本だが、攻撃に移った際にパスミスが目立ち、なかなかシュートまで持ち込む場面を創出できない。前半26分には後方から送られたロングボールをオナイウがすらし、反応した久保が右足シュートで狙うもゴールマウスを捉え切れなかった。

 前半37分には原川のクリアミスの流れからモタハリに至近距離から決定的なシュートを放たれたが、ボールはゴール左へと外れて危機を免れるなど、前半はスコアレスのまま折り返した。

 後半に入ってもイランに主導権を握られる展開。後半12分には右サイドのMFメフディ・トラビのクロスからMFミラド・モハマディに決定的なヘディングシュートを放たれたが、ボールはクロスバーを叩いて救われる。だが、守勢に回る時間が長い日本は攻撃の形を創出できずに、シュートまで持ち込めない時間帯が続く。同27分には原川が蹴り出したCKを遠藤がヘッドで合わせるも、枠上に外れてしまった。

 すると後半37分、久保に代えてFW浅野拓磨(広島)を投入して流れを変えようと試みる。さらに同43分には矢島に代えて豊川をピッチに送り込むが、スコアは動くことなく後半終了のホイッスルが吹かれ、試合は延長戦に突入する。

 迎えた延長前半6分、守勢に回る時間が長かった日本が先制点を奪取する。右サイドの高い位置でボールを受けた室屋が切り返しから左足で送ったクロスを、ゴール前に走り込んだ豊川がヘッドで叩き込んでスコアを1-0とした。同アディショナルタイムにはPA内に進入したMFセイエド・モフセン・カリミに決定的なシュートを放たれるも、果敢に距離を詰めた櫛引がストップしてイランに得点を許さず。

 延長後半3分には左サイドでボールを持った中島が右足の狙いすましたミドルシュートを鮮やかに沈め、リードを2点差に広げる。さらに同5分には左サイドから切れ込んだ中島が再び豪快にネットを揺らしてスコアは3-0に。その後、イランの反撃をしのぎ切った日本が3-0の完封勝利を収め、準決勝進出を決めた。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集


TOP