beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウドがベティスDFに蹴り入れる…暴力行為は今季5回目か

このエントリーをはてなブックマークに追加
 レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが、24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節ベティス戦で相手選手に蹴りを入れたようだ。スペイン『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 C・ロナウドは後半11分、相手陣内に攻め込んでいる時にマークされていたDFフランシスコ・モリネーロに対して意図的に蹴りを見舞った。この出来事はボールと全く関係ない場面だったため、審判は目撃しておらず、当然のようにC・ロナウドにはカードが出なかった。

 同紙によると、今回のようなC・ロナウドの暴力行為は今季5回目。1回目は第10節ラス・パルマス戦でDFダビド・シモンに蹴りを入れ、2回目は第11節セビージャ戦でDFグジェゴシ・クリホヴィアクにひじ打ち。3回目は第12節バルセロナ戦でDFダニエウ・アウベスにひじ打ちを喰らわせ、前節のスポルティング・ヒホン戦でもMFナチョ・カセスに蹴りを入れていた。

 C・ロナウドを止めようと必死にマークする相手に苛立つことはあっても、実際に手や足を出してしまってはいけない。同紙もこのような行為は許されることではなく、何らかの処罰を検討すべきだとしている。

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

TOP