beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

またも中国から破格オファー、チェルシーMFラミレスが江蘇蘇寧入り?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 チェルシーに所属するMFラミレス江蘇蘇寧(中国)へ移籍する可能性が浮上した。英『BBC』など複数メディアが伝えている。

 2010年にベンフィカから加入したラミレスだが、今季は7試合の出場に留まるなど、思うような結果を残すことができていない。フース・ヒディンク監督就任後の2016年は出場機会がない状況だ。

 昨年10月にはクラブと4年契約を結んだばかりのブラジル代表MFだが、中国から破格のオファーが舞い込んだ。英『BBC』によると、江蘇蘇寧が2500万ポンド(約41億7000万円)の移籍金でオファーしているという。ラミレス自身も前向きに検討しているようだ。

 ミランFWルイス・アドリアーノの移籍が破談に終わった江蘇蘇寧だが、28歳のブラジル代表MFの獲得は実現するのか。

●プレミアリーグ2015-16特集


TOP