beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

6大会連続五輪出場決定!! U-23代表、後半ATの原川弾でイラクに劇的勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.26 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選準決勝 U-23日本 2-1 U-23イラク アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 U-23日本代表は26日、リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)準決勝でU-23イラクと対戦した。前半26分にFW久保裕也(ヤングボーイズ)の得点で先制した日本だが、同43分に同点に追い付かれてしまう。しかし、1-1のまま迎えた後半アディショナルタイムにMF原川力(川崎F)が決勝点となる強烈なミドルシュートを叩き込み、日本が2-1の勝利を収めた。勝利した日本は6大会連続となる五輪出場権を獲得し、カタール対韓国の勝者と30日に決勝で対戦する。

 準々決勝のイラン戦から先発4人を入れ替えた日本はシステムは4-4-2を採用し、GKは櫛引政敏(鹿島)、最終ラインは右からDF室屋成(明治大)、DF植田直通(鹿島)、DF奈良竜樹(川崎F)、DF山中亮輔(柏)を配置。ボランチにMF遠藤航(浦和)と原川、右サイドハーフにMF南野拓実(ザルツブルク)、左サイドハーフにMF中島翔哉(F東京)、2トップに久保とFW鈴木武蔵(新潟)を並べた。[スタメン&布陣はコチラ]

 14年1月のAFC U-22選手権準々決勝で0-1、同年9月のアジア大会グループリーグ第2節で1-3の敗戦を喫し、過去2戦2敗と“因縁の相手”とも呼べるイラクとの大一番を迎えた日本。前半14分にFWモハナド・アブドゥラヒーム・カラルの落としからPA内に進入したMFマフディ・カミル・シルターフにシュートを放たれるなど、序盤はイラクに押し込まれる時間帯が続いた。

 しかし前半26分、カウンターから先制点を奪取する。中盤でボールを受けた鈴木がワンタッチで相手をかわすと、左サイドを独走。敵陣深くまでボールを運ぶと、グラウンダーのクロスをゴール前に走り込んだ久保が流し込み、スコアを1-0とした。さらに同30分には南野のスルーパスから鈴木がシュートを狙うも、ボールはゴール右へと外れた。

 すると前半42分、イラクに同点に追い付かれてしまう。MFアムジェド・ワリード・フセインのCKを鈴木がクリアミス。櫛引が弾いたボールに反応したDFスアド・ナティク・ナジに放たれたヘディングシュートは再び櫛引が弾き出したが、こぼれ球をナジ自身にヘッドで押し込まれてしまい、スコアは1-1となった。

 1-1のまま後半を迎えると、後半5分にはファイサルのパスを受けたMFアムジェド・アトワン・カディムに強烈なミドルシュートを放たれるも、櫛引が弾き出して勝ち越しゴールを許さず。しかし、その後もイラクに主導権を握られ、日本は時おりカウンターからゴールを狙いにいくがなかなかフィニッシュまで持ち込めない時間帯が続いた。

 後半23分に鈴木に代えてFWオナイウ阿道(千葉)を、さらに同33分には久保に代えてFW浅野拓磨(広島)を投入して状況を打開しようと試みる。スコアが動かないまま試合は進んだが、延長戦もちらつき始めた後半アディショナルタイムにドラマは待っていた。右サイドの展開から最後は原川が強烈なミドルシュートを突き刺して、勝ち越しに成功。2-1のまま逃げ切った日本がイラクをついに下し、6大会連続の五輪出場を決めた。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集


TOP