beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本サッカーの歴史を変えるドーハの歓喜!手倉森監督「大和魂、魂の塊ですよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.26 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選準決勝 U-23日本 2-1 U-23イラク アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 日本サッカーの歴史を変える「ドーハの歓喜」だ! U-23日本代表は26日、リオデジャネイロ五輪最終予選の準決勝でU-23イラク代表と対戦し、2-1で勝利。6大会連続の五輪出場を決めた。

 大会前の予想では苦戦必至と思われた。強化段階と言えど、手倉森ジャパンは立ち上げ当初からアジア8強の壁すら破れない戦いを続けた。五輪予選は今大会から1大会の一発勝負。3位までに入らなければならない戦いに、不安の声も少なくなかった。

 しかし大会が始まるとグループリーグを3連勝で突破。勢いに乗ると、準々決勝のイラン戦を延長の末に撃破。そして勝てば五輪出場を決める準決勝。これまで勝ったことのなかったイラクを相手に前半26分にFW久保裕也のゴールで先制。同43分に同点弾を浴びたが、後半アディショナルタイムにMF原川力が劇的勝ち越し弾を蹴り込み、歓喜を呼び込んだ。

「難しい試合になるかなと思った。90分で勝ちたかった。しびれましたね」「大和魂、魂の塊ですよ」。興奮を隠しきれない様子の手倉森誠監督は、「これから日本は強くなる。使命感を持ってこの世代を鍛え上げたい」と豪快に話した。

 そして日本サッカーの悲劇の地として語り継がれるドーハで呼び込んだ歓喜。指揮官は「日本サッカー界のことを思えばドーハの悲劇から歴史を逆転するいい勝ち方だなと思う」としみじみと語った。

●AFC U-23選手権2016特集


TOP