beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

原口交代後に…ヘルタは2点リード守れず2戦連続ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.30 ブンデスリーガ第19節 ブレーメン3-3ヘルタ・ベルリン]

 ブンデスリーガは30日、第19節2日目を行い、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンは敵地でブレーメンと対戦し、3-3で引き分けた。原口は右サイドで先発し、2-1の後半24分までプレーしたが、チームはその後追いつかれた。

 試合は激しい点の取り合いとなった。ヘルタは前半29分、MFブラディミル・ダリダのゴールで先制すると、同41分にはDFマービン・プラッテンハルトが左足で直接FKを沈め、2-0とリードを広げた。

 ところが後半22分に1点を返されると、原口は同24分に交代。後半26分、FWサロモン・カルーのゴールで3-1と再び2点差に突き放したが、ブレーメンは同30分、FWクラウディオ・ピサロのPKで2-3と追い上げ、同32分、MFズラトコ・ユヌゾビッチの右CKから最後はピサロが押し込み、3-3の同点に追いついた。

 試合はそのままタイムアップを迎え、ヘルタは2試合連続ドロー。順位は3位のまま変わらなかったが、2位ドルトムントとの勝ち点差は「10」に広がった。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2015-16特集


TOP