beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アジアの頂点に導く2発!! U-23代表FW浅野「皆に恩返しをしたかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.30 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選決勝 U-23韓国 2-3 U-23日本 アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 試合の流れを一変させた。2点のビハインドを背負って迎えた後半15分、U-23日本代表FW浅野拓磨(広島)はピッチへと送り込まれる。「空気を変えないといけない。自分が早い時間で雰囲気を変えよう」として――。

 すると、投入直後の後半22分に反撃の狼煙を上げるゴールを叩き込む。右サイドでMF矢島慎也(岡山)がボールを受けると、「お互いが見えていた。絶対に出てくる」とチームメイトを信頼して一気に最終ラインの裏へと抜け出そうとする。矢島の右足から送られたスルーパスに反応すると、右足ダイレクトで合わせてネットを揺らした。

「迷わず走り抜けました。案の定、良いボールが出てきたので、あとは決めるだけでした。ネットに吸い込まれていくのを、やっと決められたと思いながら見ていました」

 自身今大会初ゴール。この一撃がチームに勢いをもたらした。直後の同23分にDF山中亮輔(柏)のクロスを矢島がヘディングで決めて同点に追い付くと、またもやスピードスターが魅せる。

 後半36分、カウンターを発動させるとFW久保裕也(ヤングボーイズ)、MF中島翔哉(F東京)とつながれたボールから最終ラインの裏に抜け出そうとする。「抜け出すだけでなく、相手との駆け引き」と相手DFに体を寄せて前に出ると、「落ち着いて冷静に決めることができた」とGKとの1対1を制して決勝ゴールを流し込んだ。

 今大会はここまで無得点と苦しんでいたが、決勝戦でチームをアジアの頂点へと導く2ゴールを決めた。「ここまで自分は連れて来てもらった身なので、皆に恩返しをしたかった。こういう大舞台で決められたのは良かったです」と喜びを爆発させた。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集


TOP