beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「出来すぎと思うくらいの大会」…自信を手に入れたU-23代表DF室屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.30 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選決勝 U-23韓国 2-3 U-23日本 アブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム]

 リオ五輪出場を決めた準決勝イラク戦後、U-23日本代表DF室屋成(明治大)は「勝って初めて泣いた」。しかし、アジアチャンピオンを決めたこの日は「何でか分かりませんが、涙は流れなかったですね(笑)。優勝できて最高です」と笑顔を見せた。

 最終予選メンバーの中で唯一の大学生だが、大会を通じて安定したパフォーマンスを見せた。本職の守備だけでなく、準々決勝イラン戦ではMF豊川雄太(岡山)の決勝ゴールをアシストするなど、攻撃面でも魅せた。

「自分にとっても本当に自信になる大会になりました。今まで代表入っても、なかなか自分自身を出し切れない時期が続いたので、この大会を通してメンタル的にも成長できたと思います」

 準々決勝イラン戦での延長戦3発勝利、準決勝イラク戦での後半アディショナルタイムの決勝弾、そして決勝の韓国戦での大逆転勝利。あまりにも劇的な展開の連続に「何かのドラマかなーと。そんな気分です。出来すぎと思うくらいの大会でした」と喜びを表しつつも、「ただ、ディフェンスラインからしたら、無失点で終わりたかった」と悔しさも滲ませている。

 リオ五輪までの半年、代表生き残りを賭けたサバイバルレースが再び始まる。「この大会で優勝したから絶対にリオまで行きたい。そういう意味でもこの半年間は本当に重要になるので、もう一度このメンバーで戦えるように努力したい」と新たな決意を表した。

(取材・文 折戸岳彦)

●AFC U-23選手権2016特集


TOP