beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長谷部がブンデス通算200試合出場達成! 欧州主要1部では日本人4人目

このエントリーをはてなブックマークに追加
 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が30日のブンデスリーガ第19節アウクスブルク戦に右サイドバックでフル出場し、ブンデスで通算200試合出場を達成した。クラブ公式ツイッターが伝えた。

 欧州主要1部リーグでの日本人歴代最多記録は1977年から1986年にかけてケルンやヘルタ・ベルリン、ブレーメンで活躍した奥寺康彦氏の234試合。その他、セルティックなどでプレーしたMF中村俊輔が221試合、ローマなどに所属した中田英寿氏が203試合となっており、長谷部は日本人4人目の通算200試合出場達成となった。

 なお、試合はスコアレスドローに終わり、連勝も2でストップした。

●ブンデスリーガ2015-16特集
●欧州組完全ガイド


TOP