beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレッシャーを跳ね除けた自信…U-23日本代表、堂々の帰国「厳しい声に感謝」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 自信が溢れ出ていた。リオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたAFC U-23選手権を戦い終えたU-23日本代表イレブンが1月31日、羽田空港に凱旋。優勝カップを手にした主将MF遠藤航を先頭にしたイレブンは、ファン・サポーターの祝福の声の中を堂々と歩いた。会見に出席した遠藤は「キャプテンとしてしっかり引っ張っていくことを意識していたので非常にうれしい」と笑みをこぼした。

 プレッシャーを跳ね除けたからこその自信だ。6大会連続の五輪本大会出場を目指した日本だが、戦前の予想では厳しいとする見方も少なくなかった。ただ若き侍たちは大会の中で成長。延長戦、さらには決勝戦での2点差逆転勝利と、確実な成長を遂げて、アジアチャンピオンになった。

 副キャプテンのMF大島僚太は「(連続出場を)途絶えさせてはいけないというプレッシャーがあった」と認める。その上で、「結果が出たこと。アジアでチャンピオンになれたことは大きい」とホッと胸をなで下ろす。

 同じく副キャプテンのDF岩波拓也も白い歯をこぼす。そして、「僕たちがなかなか勝てない中で、いろいろ厳しい声もありましたけど、そういう厳しい声を出してくれた人にも感謝したい。リオではさらに厳しい戦いが待っているが、まずはJリーグで結果を残していきたい」と力強く話した。

●AFC U-23選手権2016特集


TOP