beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クロップがプレミア挑戦のペップに言及、「ここには彼の求めるものがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 リバプールユルゲン・クロップ監督が来季からマンチェスター・シティの監督に就任することが決まったジョゼップ・グアルディオラ監督(現・バイエルン)に言及した。英『ミラー』が伝えている。

 クロップ監督は「彼はプレミアリーグを堪能するだろう。素晴らしいリーグだし、本当の競争がある。そして彼もまた本物の競争者だ。ここには彼の求めるものがあるのさ」とコメントしながらも、「しかし彼がこれまで率いてきたバルセロナ、バイエルンの時と同じように行くとは思わない」と言い切った。

 クロップ監督はドルトムントから初のプレミアリーグ挑戦でリバプールへ渡っている。バルセロナ、バイエルンを経て初のプレミアリーグへ参戦するペップに対して、プレミアで戦う先輩として“アドバイス”した。

「マンチェスター・Cは……あえてこう言おう。“悪くない”財政基盤を持っているし、ペップ・グアルディオラ監督は本当に賢い人物だ。友人が何人かいるという理由でマンチェスター・Cを選んだわけではないはずだ」

「だから来季、マンチェスター・Cが最悪のチームになるということにはならないはずだ。しかしそれが全てを決定するわけではないのがサッカーの素晴らしいところだ。私たちがすでに一度か二度見せたように、そういうチームも打ち倒すことができる。これは間違いない」

●プレミアリーグ2015-16特集


TOP