beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ペップ来季就任のシティは苦戦強いられるもアグエロ弾で逃げ切り勝利、次節は首位レスターと対戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.2 プレミアリーグ第24節 サンダーランド0-1マンチェスター・C]

 プレミアリーグは2日に第24節を行った。首位レスターと勝ち点3差で2位のマンチェスター・シティは敵地で降格圏に沈むサンダーランドと対戦。FWセルヒオ・アグエロの先制点でシティが1-0で逃げ切った。

 シティは1日にマヌエル・ペジェグリーニ監督の今季限りでの退任と、来季からジョゼップ・グアルディオラ監督が就任することを発表。タイトルを獲得して有終の美を飾りたいところだが、今季公式戦で12得点12アシストと活躍してきたMFケビン・デ・ブルイネが膝の負傷で10週間も戦列を離れることが決まった。さらに2月はチャンピオンズリーグを戦うなど過酷な日程が待ち構えており、これ以上の負傷者を出さないように、選手の起用方法が鍵となってくる。

 一方のサンダーランドは降格圏19位と負けられない戦いが続く。残留へ向けて今冬は積極的な動きを見せ、バイエルンのDFヤン・キルヒホフ、GKスティーブ・ハーパー、DFラミヌ・コネ、FWダメ・エンドイェらを獲得。しかし、レギュラーのGKコステル・パンティリモンやDFセバスティアン・コアテス、MFスティーブン・フレッチャーらを放出するなど少なからず不安を残した。

 MFラヒーム・スターリングをベンチスタート、1月30日のFA杯でハットトリックを達成したFWケレチ・イヘアナチョを先発で起用したシティ。前半16分、MFヤヤ・トゥレが右へ展開したボールをMFヘスス・ナバスが中央へ折り返す。相手DFの隙間を抜けて中央のアグエロが左足トラップが素早く右足を振り抜き、シティが先制が成功した。

 ホームで先制を許したサンダーランドは前半44分、PA右でボールを受けたFWジャーメイン・デフォーが反転から左足シュート。GKジョー・ハートが弾いたボールにDFビリー・ジョーンズが詰めたが角度がなく、右足シュートは再びGKハートに防がれ、決定機を逃す。後半33分にもDFジョン・オシェイが強烈なシュートを放ったが、GKハートの横っ飛びセーブに遭い、最後まで1点が遠かった。

 シティはサンダーランドに苦戦を強いられたが1-0で逃げ切り勝利。連勝こそないが7試合負けなし(4勝3分)で次節、レスター・シティとの首位攻防戦を戦う。

●プレミアリーグ2015-16特集


TOP