beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

キャリア最高のゴールも…スーパーミドル弾のバーディ「ただのゴールだよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.2 プレミアリーグ第24節 レスター2-0リバプール]

 2日に行われたプレミアリーグ第24節でリバプールと対戦したFW岡崎慎司の所属するレスター・シティは、FWジェイミー・バーディの2ゴールで2-0の勝利を収めた。

 スコアレスで迎えた後半15分、目の覚めるようなスーパーゴールをバーディが叩き込む。自陣からMFリヤド・マハレズが前線にロングボールを送ると、ワンバウンドしたボールを迷わず右足ダイレクトでシュート。PA外から放たれたボールは鮮やかな軌道を描き、ゴールネットに突き刺さった。

『スカイスポーツ』によると、バーディは「フィールド上を見渡してGKのシモン・ミニョレがかなり前に出ていると思ったんだ。リヤドからボールが来て、ボールが高く跳ねたからチャンスをモノにしようとしたよ。運良くミニョレを越えて入ってくれたね」とスーパーゴールを振り返っている。

 また、「今回のゴールより優れたゴールを奪ったことがあるか?」と問われたストライカーは首を横に振り、「正直に言うと、ないと思う」とキャリアの中でもベストゴールになったと話しつつも、「ただ、言うまでもないけどゴールはただのゴールだよ。最も重要なのは勝ち点3を手に入れたことさ」とチームの勝利が何よりも大事だと強調している。


●プレミアリーグ2015-16特集


TOP