beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレミア制覇へ慎重な姿勢を崩さないラニエリ「Yes、We can!と言いたいが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プレミアリーグで現在首位と快進撃を続けるレスター・シティだが、クラウディオ・ラニエリ監督はプレミア制覇については慎重な姿勢を崩していない。英『ガーディアン』が報じている。

 今6シーズン、ラニエリ監督が就任したレスター。昨季王者のチェルシーマンチェスター・ユナイテッドリバプールが低調だったとはいえ、FWジェイミー・バーディが11試合連続で得点を記録するなど、ここまで24試合を終えて14勝8分2敗と好成績で首位に位置している。

 プレミアリーグにおいて、クリスマスを首位で迎えたチームが直近6シーズンで5チームが優勝、2月を首位で迎えたチームが過去11シーズン連続で優勝している。その両方を満たしたレスターが今シーズン優勝する可能性は高いが、ラニエリ監督は、楽観的には考えていないようだ。

「私も『Yes、We can!』と言いたいんだが、あいにく私はオバマじゃない。あのようなことを私が言うのは難しい。もし、今の状態が続けられるようなら素晴らしいことだけどね。もし、私たちが4位以内に入ってチャンピオンズリーグに進むことができたら、それは信じられないことだ。ここまでの結果は期待以上のものだったと皆が考えているだろう」

 また、昨シーズンは残留争いを演じていたが、今シーズンは一転して優勝争いを演じている。記者から選手たちにタイトル獲得について何か言っているかと問われると、ラニエリ監督は「秘密だよ(笑)まずは落ち着こう。私たちのファンたちは夢を見ているはずだ。私たちは地に足をつけていかなければならない。これから先どうなるかはわからないが、ファンたちにとって素晴らしいプレゼントをずっと届けてきたのは確かだ」と笑顔で語った。

●プレミアリーグ2015-16特集


TOP