beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

首位レスターの強さは本物だ! 敵地で2位シティとの天王山制す!!岡崎も終盤までプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.6 プレミアリーグ第25節 マンチェスター・C 1-3 レスター・シティ]

 プレミアリーグは6日に第25節を行い、首位レスター・シティは敵地で2位マンチェスター・シティと首位攻防戦を行った。開始3分で先制したレスターがDFロベルト・フートの2得点などで3-1と勝利をおさめ、首位をキープした。

 残り14試合の段階で首位を走るレスター。前節2-0で勝利したリバプール戦からメンバーを変えず、この重要な一戦に臨んだ。一方、勝ち点3差で2位のシティは、苦戦を強いられたサンダーランド戦から3選手を入れ替えて、11月28日の第14節以来となる首位再浮上を狙う。

 雨中の首位攻防戦は開始早々に動いた。前半3分、レスターは右サイドPA手前でMFリヤド・マフレズがDFアレクサンダル・コラロフに倒されてFKを獲得する。キッカーのマフレズが入れた低い弾道のボールを、中央からニアへ走り込んだフートが右足で合わせる。これがフートのマークについていたDFマルティン・デミチェリスに当たり、ゴール右隅に吸い込まれ、首位レスターが先制した。

 さらにレスターは前半8分、左からGKとDFの間に放り込んだボールに反応したFWジェイミー・バーディがトラップから右足シュートも、飛び出していたGKジョー・ハートが体でセーブ。こぼれ球に岡崎が詰めたが、シュートには至らず。22分にはカウンターからバーディが折り返したボールに岡崎が飛び込んだがわずかに合わせることができず、早々の追加点とはならなかった。

 1点ビハインドのシティはレスターのなかなか守備を崩すことができず、決定的な場面を作ることができない。前半15分、MFダビド・シルバが個人技でエリア内に侵入し、右足シュートもゴール右。32分にはFWセルヒオ・アグエロがエリア右から右足シュートを放ったが、GKカスパー・シュマイケルの胸に収まった。シティは前半9本のシュートを浴びせるも枠内シュートは1本のみだった。

 リードして折り返したレスターは後半立ち上がりに追加点を挙げる。3分、自陣でボールを奪ってカウンターを仕掛けると、MFエンゴロ・カンテの縦パスからマフレズがDFニコラス・オタメンディのスライディングをジャンプでかわしてエリア内に侵入。カバーに戻ったデミチェリスもかわして放った右足シュートをゴール左に突き刺し、2-0とリードを広げた。

 2点を追う展開となったシティは後半7分にMFヤヤ・トゥレとMFファビアン・デルフを下げて、MFフェルナンドとFWケレチ・イヘアナチョを投入し、攻勢を強める。9分には右CKからフリーで飛び込んだフェルナンドがヘディングシュート。決定的な場面だったが、GKカスパー・シュマイケルの好セーブに阻まれ、1点差とすることはできなかった。

 すると、レスターが再びゴールネットを揺らす。後半15分、岡崎が競って獲得した左CKからMFマーク・オルブライトンがアウトスイングのボールを入れ、ファーサイドにいたフートが打点の高いヘディングシュート。ふわっとしたループ気味のシュートが左サイドネットに吸い込まれ、レスターが3-0と試合を決めた。

 シティ相手に攻撃の手を緩めないレスター。後半36分にもオルブライトンの低い弾道のクロスをニアでバーディが合わせるもわずかにゴール右に逸れる。43分には右クロスからニアに走り込んだアグエロに1点を返されたが、レスターはシティの終盤の猛攻を耐えしのぎ、3-1で勝利。首位攻防戦を制したレスターは2位シティとの勝ち点差を6に広がた。

 5試合連続の先発出場となったFW岡崎慎司は前線からの守備でシティにプレッシャーをかけ続けた。さらに果敢にゴール前に飛び込むなど“らしさ”を見せたが、あと一歩のところで得点を挙げることができず、後半36分にピッチを後にした。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2015-16特集

TOP