beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ、最下位レバンテに苦しめられるも5連勝…スアレスが今季20点目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.7 リーガ・エスパニョーラ第24節 レバンテ 0-2 バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラ第24節3日目が7日行われ、4連勝中で首位に立つバルセロナがレバンテのホームに乗り込み、2-0の完封勝利を収めて5連勝を飾った。

 前半17分に左サイドから切れ込んだFWネイマールがゴールを脅かすなどリズムを序盤からリズムを作るバルセロナが、同21分に先制に成功。左サイドを駆け上がってMFアンドレス・イニエスタのパスを呼び込んだDFジョルディ・アルバのクロスが、DFダビド・ナバーロのオウンゴールを誘ってスコアを1-0とした。

 その後はレバンテにゴールを脅かされる場面を作られながらも、前半38分にカウンターからMFホセ・ルイス・モラレスに放たれた決定的なシュートがポストに救われるなど得点を許さず、1-0とリードしたまま後半を迎える。

 後半に入っても開始直後にレバンテに好機を創出されたものの、GKクラウディオ・ブラボの好セーブでしのぐバルセロナ。なかなか攻撃のリズムを創出できない攻撃陣は後半14分、CKからMFイバン・ラキティッチがヘッドで狙うが、GKディエゴ・マリノに弾き出されて追加点を奪うには至らなかった。

 その後スコアが動かないまま試合は進むが、後半アディショナルタイムにカウンターを発動させるとFWリオネル・メッシのラストパスを受けたFWルイス・スアレスが自身今季20点目となるゴールを奪い、バルセロナが2-0の勝利を収めた


●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

TOP