beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナルが4戦ぶりゴール! 5試合ぶり白星で3位浮上、次節は首位レスターと対戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
[2.7 プレミアリーグ第25節 ボーンマス0-2アーセナル]

 プレミアリーグは7日に第25節2日目を行い、アーセナルは敵地でボーンマスと対戦。MFメスト・エジルとMFアレックス・オクスレード・チェンバレンのゴールで2-0と勝利したアーセナルが5試合ぶりの白星を飾った。

 16年を首位で迎えたはずのアーセナルだが、1月2日の第20節ニューカッスル戦以降、4試合勝利がなく、4位に転落。さらには3試合連続で無得点と、ゴール欠乏症に悩まされている。一方、ボーンマスは年明け以降、プレミア5試合でわずか1敗。1月に加わり、6歳からアーセナルの下部組織に在籍していたFWベニク・アフォベが3試合連続ゴールと好調のままにこの試合を迎えた。

 前節サウサンプトン戦から1人を入れ替えたアーセナルは前半13分に決定機。MFアーロン・ラムジーがセンターサークル付近からふわっとしたボールを裏のスペースへ送ると、オフサイドラインギリギリで飛び出したFWアレクシス・サンチェスがPA左から左足ボレー。相手DFの守備も間に合わなかったが、力みすぎたのか枠を大きく外してしまう。

 それでも先制はアーセナルだった。前半23分、ラムジーがゴール前に入れたボールをPA左からFWオリビエ・ジルがヘッドで中央へ落とし、フリーとなっていたエジルが利き足とは逆の右足でジャンピングボレー。アーセナルが4試合ぶりの得点で先制すると、その1分後の24分には、ラムジーのラストパスをPA右で受けたチェンバレンが右足シュートを左ポストに当てながらもゴールにねじ込み、2-0と一気にリードを広げた。

 反撃に出るボーンマスは前半27分、MFハリー・アーターがドリブルから強烈ミドルを放つもGKペトル・チェフのセーブに阻まれる。さらに31分には左サイドでボールを受けたMFマーク・ピューが相手DFと体を入れ替えて裏へ抜け出したが、ボックス内でカバーに戻った相手DFに止められ、0-2のまま前半を終えた。

 アーセナルは後半、カウンターからの攻撃にシフトするもなかなか追加点を奪えず、ボーンマスの攻撃に耐える時間が続く。ボーンマスは6分、右からの折り返しをPA右でDFアダム・スミスが反転から右足を振り抜いたが、わずかにゴール右へ外れる。41分には右サイドからの絶妙クロスにFWルイス・グラッバンとFWジョシュア・キングが飛び込んだが、押し込むことができない。

 ボーンマスは後半アディショナルタイム1分にも決定機。ショートコーナーの流れからFWチャーリー・ダニエルズが落としたボールをキングが右足シュート。GKチェフが弾いたボールをPA右からDFスティーブ・クックが左足シュートを放つも、再びGKチェフの好セーブに遭い、試合はそのまま0-2で終了した。勝利したアーセナル3位に浮上。次節、14日の第26節では首位レスター・シティと対戦する。


●プレミアリーグ2015-16特集

TOP