beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

良き隣人に?シティMFスターリングがファーガソン邸の隣へ引越し

このエントリーをはてなブックマークに追加
 マンチェスター・シティへ所属するMFラヒーム・スターリングが元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏の“隣人”となったようだ。英『デイリーメール』などが伝えている。

 約20年前からファーガソン氏が住んでいる自宅隣の豪邸へスターリングが引っ越した。英『サン』によると、関係者は「スターリングはファーガソン氏が住んでいることは知らなかったようだが、新たな住居に非常に満足している」と明かしたという。

 リバプール在籍時にはサウスポートの豪邸で暮らしていたスターリング。当時の自宅にはマイケル・ジャクソンをテーマにしたバーがあったほか、バスケットコートやプール、理容サロンやシアタールームも完備されていた。

 今回、新たに購入した350万ポンド(約5億8300万円)の豪邸は、ベッドルームが6部屋あるほか、前回の住居同様にプールやシネマルームもあり、大きなガレージは車を3台収容できるという。21歳のイングランド代表MFは、この新居で恋人のペイジ・リーヘンゼルと暮らしているようだ。

 かつてシティのことを「うるさい隣人」と評したファーガソン氏。素行不良が問題視されてきたスターリングは静かに暮らし、偉大な隣人と良い関係を築くことはできるのだろうか。

●プレミアリーグ2015-16特集

TOP