beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[日本高校選抜選考合宿]桐光学園MFイサカ・ゼイン(3年)「大学で開幕から試合に出るくらいの気持ちでやっています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第94回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜候補合宿が7日から静岡県内で行われている。合宿は8日に駒澤大と練習試合を行い、9日午後に解散する予定。最終的に18名が3月に欧州遠征を行い、第54回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 全国大会でその突破力と精度の高いクロスを発揮し、桐光学園高にゴールをもたらした技巧派サイドアタッカー、MFイサカ・ゼイン(3年)が選手権で印象に残った試合と今回の高校選抜選考合宿について、そして16年の意気込みについて語った。

以下、イサカゼインのコメント
桐光学園高GKイサカ・ゼイン(3年)
―予選も含めて選手権で印象に残った試合は?
「負けた青森山田戦です。2点リードしている展開にも関わらず、ラストの4分間で追いつかれてメンタルの弱さを感じた。あの負け方が一番良くない負け方だと思うんで、それは非常に印象に残っていますね」

―今回の日本高校選抜選考合宿で感じたこと、意気込みなどを
「最終メンバーに残りたいという気持ちが強いですし、周りのレベルも高いので判断力とか高めていかないと、ドリブル、ドリブルだけじゃ難しいと思いますし、それはこの2日間で感じています」

―16年の意気込みを教えて下さい
「大学(桐蔭横浜大)で開幕から試合に出るくらいの気持ちでやっていますし、試合に出てチームの勝利に貢献するくらい結果を出して、チームの目標でもあるインカレの出場に繋げていきたいです」

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015


TOP